記事一覧

ルイ・ヴィトン 2021年春夏レディースコレクション -Supremeとコラボ、肩の力を抜いたエレガンス

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が、2021-22年春夏レディースコレクションをフランス・パリで発表した。今シーズンの注目は、ショー発表前から話題を集めていたSupreme(シュプリーム)とのコラボレーション。その全貌がランウェイで遂に明らかとなった。

图片描述

ルイ・ヴィトンの伝統的エレガンスが、アーティスティック・ディレクターのキム・ジョーンズ自身もファンだというSupremeと融合する夢のタッグ。そのデザインベースは、華やかなアップタウンから個性的なダウンタウンまで、あらゆるものが混在するニューヨークの街である。エレガンスでありながら、スニーカーを合わせるようなリラクシングムード漂うスタイルが基盤となった。

ファーストルックは、コラボレーションの鮮烈なデビュー。Supremeのイメージカラーである赤を採用したロゴ入りボディバッグが、フロント部分にドンと合わせられた。序盤から立て続けに登場したバッグだけでも、ボストンバッグ、バックパック、そしてブランドのアイコニックなトランクまでが揃うバリエーションの豊富さ。さらに中盤以降になると、素材違いで迷彩ジャカードのモノグラム・フラワーも展開されている。

洋服はというと、シルエットは上から下まで終始一貫してラフで、やはりいつもよりストリートなムードへシフトした印象を受ける。その中に違和感なく馴染むクラシカルなストールやホワイトのスニーカーも2ブランドの共演によるものだ。

一方で主張的なアイテムとして、Supremeのブランドロゴとともにモノグラム・フラワーをデニムの濃淡で表現した、キャッチーなアウターやトップスを投入。普通ならカジュアルになるはずのTシャツやベースボールシャツにおいても、洗練されたムードを一切揺るがさないのはルイ・ヴィトンたる所以である。

これらでストリート感を押し上げた反面、基盤を固めるのはラグジュアリー。上質なクロコをボンディングしたムートンコート、柔らかな牛革を編み込んだニットといった、職人の技と高級素材のミックスが随所に現れている。

ニューヨークの摩天楼を描いたシャツには、淡いカラーの中にモノグラム、さらには展覧会「旅するルイ・ヴィトン」の会場にも設置されたトラックのモチーフを落とし込んだ。遊び心のある方の力を抜いた装いは、今シーズンを象徴するアイテムのひとつであった。

コメント一覧