«前の日記(2016-03-14 [J]) 最新 次の日記(2016-04-01 [J])» 編集
KK・factory
★3DCG/特撮/メカ/ゲームの趣味のサイト★

■menu■

■プロフィール ■過去日記
■ギャラリー ■PSU
■GPM ■mail
■途中の奴とか ■文芸部
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|09|11|12|
2013|01|02|07|12|
2014|01|05|
2015|01|04|12|
2016|01|02|03|04|

2016-03-24 [J] PSO2 ジ アニメーション・ Quest 09「戦力外通告」

 9話。






8話の続きから。

変身してダーカーを退治したイツキくん

とりあえず治療の為にゲームの中へ!

出てきたのはアークス情報部のえらい人。カスラさんだ!





窓の外に広がるはアークス船団





事の真相について語るカスラさん



PSO2はゲームじゃないんだ!

ゲームがうまい人間はフォトンの扱いが出来る人らしい。

ああ、だから私下手なのか…






選ばれし人間っていわれりゃそりゃ慢心もするわなって事で

自信満々のイツキくん。超バトルマニアモード。

アイカとしちゃ、こいつわかってねえ。って感じですわね。





まあ、カスラさんなんで実にリアリスティックというか、大局を見た判断。


ダーカーがイツキを狙ってくるんなら、イツキを囮にして、来るダーカーを叩けば楽じゃん。っていう。

イツキと仲良くなってるアイカにしてみたら、それってどうなの?っていう所か。




アイキャッチはオラクルとフォトン



フォトンはシリーズでいろいろ扱いは若干違うけど、とりあえず人間の脅威となる

ダークファルスの対極にあるもの。ダークファルス配下のエネミーに対抗する手段

なわけですが、結局フォトンにひきつけられて闇の眷属はやってきてるし

フォトン(=エーテル?)が使えるようになった地球にも侵攻の手が伸びてきた、

って考えると、フォトンには触らんほうがいいんじゃないか、という考え方も出来るなあ。とか





ノリノリのイツキ君の前にブーストエネミー登場。

ボッコボコにやられてるところにゼノさん登場。アニキ!

よ!俺の名前はゼノ!

ってやられたら、私だったら!おお!ゼノのアニキだ!って喜んじゃうけど

反応薄いよね。イツキくん。

ひょっとしたらイツキくんストミやってないんじゃいかっていう気がしてる(笑)







エコーさん。ゼノさんがでてくりゃそりゃセットで出てくるでしょうっていう。







慢心のイツキくんに戦力外通告。

というよりは、危ない目にあわせたくないアイカさん。



アイカの中ではイツキくんは民間人で、保護対象なわけで

保護対象を利用して敵をひきつけるのは気が引けてるって事なんでしょね。





一方学校の方は学園祭前の喧騒

戦力外通告がショックで、イツキくんの目が死んでる。






先週から疑問なんだけど、火山に何しに行ってるのん?


アイカはアイカで、頑張りすぎて、ちょっと無理な感じになってる。

…洞窟で頑張る理由が知りたい。







看板娘のメイド服クーナ。これアークスカフェで見た!

クラスメイトのアイカ評。判り難いけどやさしいよ。っていう。






黒カスラさん

囮に使ったらええねん。そのほうが効率ええやろ?

っていう。カスラさんめっちゃ出番あるなあ。





アイカの代わりに買い物に出たイツキくん、ダーカーの襲撃にあう。



結構殺しに来てる感じあるんだけど捕獲目的じゃないのか?死んでてもいいんかな?





アイカが助けにくるも、あっという間にピンチに





アイカの危機に戦いを覚悟するイツキ君。



このシフタはちょっとグっと来ました。






信頼関係と覚悟が備わったアークスは何にも負けない!




イツキのやる気を見て、アークスとして扱う事をアイカが決めた。

つまり保護対象から仲間に変わった瞬間ですね。いい笑顔。




予告はカスラさんとアイカ。


カスラさんのストーキングっぷり見てると、WORKINGの相馬さん思い出すよね!

       
お名前:
E-mail:
コメント: