最新 追記
KK・factory
★3DCG/特撮/メカ/ゲームの趣味のサイト★

■menu■

■プロフィール ■過去日記
■ギャラリー ■PSU
■GPM ■mail
■途中の奴とか ■文芸部
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|09|11|12|
2013|01|02|07|12|
2014|01|05|
2015|01|04|12|
2016|01|02|03|04|

2015-12-16 [J] モーレツ宇宙海賊 弁天丸(最終話バージョン)

弁天丸

2013年夏、広島のSF大会で、モーパイのカンファレンスに出たわけですが、そこで笹本先生のサイン入りの弁天丸のプラモデルを頂いてしまいまして。

すぐに作る人!っていう条件でジャンケン大会だったわけですが、頂いてから結局 その年には作れず、次の年(2014)の三月年度末にギリギリっていう苦しい言い訳をしつつしあげたものになります(苦笑)

わりと色分けはしてあるんですが、設定どおりに仕上げようと思うといくつか塗らないと設定どおりになりません。かといって全塗装もツライので、部分塗装をしております。

あとは、ひたすらデカールをはりはり。


とはいえ、三桁の番号がついているデカール貼りはかなり辛かったです。


まあでもそれだけで結構緻密な宇宙船の模型が出来上がるんだから、すごいですよねー。

部分塗装、透明部分を除いて組み立て、汚しを軽く入れたあとデカールを貼って、クリアスプレー(フラット)を吹いて透明パーツも組み立てっていう手順でした。
そして同時期に届いた船長のフィギュアと記念写真。

ちょっとライト暗かった
船長のフィギュアもとてもいいと思います。むちむち。
記念写真
他の海賊船は流石に出なかったですねー
横から。
前から。この白いラインも全部デカールなんですよ!
サイン入りの箱と。
結局、サイン入りのプラモを組み立てるのももったいなくてもう一セット買って組み立てたっていうね…(笑)


というわけで弁天丸でした!

       

2015-12-17 [J] メッキトライオン3

トライオン3メッキバージョン

これもなんだかんだと某ゲームのプレゼントに申し込んだら当たってしまったっていう。

結構なレアモノなので組み立てた人もすくなかろうと、撮った写真を置いておきます。

バストアップ。

アオリ




メッキモデル始めて組み立てたんですけど、眩しいし、立体感が惑わされる感じもあって、結構疲れました。

格好いいんですけどね。キラキラして。
関節は膝と足首が弱い感じ

ここらへんは元キットのZZから問題っぽいですが。
リア
ヌウッ!
ギィン!
アクティブなポーズもとらせたかったんですが、メッキモデルのせいか関節が硬くて動かすの怖くて…(苦笑)
トライオンなら、やっとかなきゃいけないサンライズパース!
分離状態ー
リクトライオン!



ソラトライオン!



ウミトライオン!



分離状態。3機そろって。


ちゃんと分離できるのは出来るんですが、分解する時にメッキがはがれちゃった所が…

あとやっぱりメッキモデルって事で関節部分とか硬くて、ちょっと動かすの怖かったです。

リクトライオン、横から


金色がまぶしい。

リクトライオン!



ソラトライオン!


翼広げると結構な大きさですねー

ソラトライオンアップ。



ウミトライオン!



あらためて全身。



バストアップ


あ、目だけちゃんと塗ってます。リクトライオンの目はシール。

グワッ



ゴゴゴゴゴ!



というわけでトライオンでした。


ほんと、メッキトライオン組み立ててる人どれくらいいるんだろ。
       

2015-12-23 [J] フォースの覚醒

 ツイッターでつぶやいちゃうとまだ見てない人に申し訳ない。でも感想は書きたいみたいな感じでどうすればいいとや…となってブログに書きなぐります。
とりあえず見た視聴後感はガンダムUC見た時みたいな感じでした。

SW世代で育った世代が、SWを大事に思い、すごく丁寧に作った続編。そんな感じ。

新キャラクターのお話から始まり、いろいろな旧大戦後の残骸(AT-ATやらスターデストロイヤーが朽ちてる所とか、ほんとUCの4話のジオン残党MS大運動会を髣髴とさせるというか。)を発見して世界が繋がってるんだなあって思いつつ、徐々に旧作キャラクターがクロスオーバーして来て、旧作の因縁を新キャラクター達が引き継いでいく。

私もSWの劇場版は一通り見ては居るものの、アニメシリーズとかは見てないし、そんなに詳しくは無いんだけど、それでも旧作要素が出てきてニヤリとしてなんとも言えない楽しい気持ちになりました。

正直見る前はあんまり期待してなかったんだけど、ほんと楽しい映画でした。気が早いけど次どうなるか楽しみ。

ちなみに、旧作要素で「おお!」ってなったのは、

・レイが休んでたのがAT-ATの足の影だった所

・襲ってきたファーストオーダーから逃げて宇宙船に逃げ込む時の「おんぼろでいいわ!」でそれがミレニアムファルコンだった所

・カイロ・レンがベーダーマスクに話しかけてた所

・ラストでルークが出てきた所


です。なんかここらへんは、もういちいち「うわあー…うぉー…」ってなっておりましたよ。

そして映画を見た日の夜のNHKニュースで、そのベーダーマスクに話しかけてるシーンが出てて「おいおい」と思いました。見せたらあかんやろそれ。

あと、旧作ファンならすごく楽しめるとは思うんだけど、ものすごくカジュアルに「大作シリーズの最新作だよ!見に行けよ!」みたいな感じでCMしてるのは気になるなあ。見てない人は旧作(せめて4〜6)見てからの方がいい気はします。

       

2015-12-28 [J] 入院日記01

事の始まりは12月26日。
姉夫婦の所に遊びに行く途中のバスで、顔が痙攣しているのを感じる。
それを見た嫁曰く、顔が波打ってるよう。姉夫婦の所で一日遊んで、帰宅前に寄った飯屋で飯を食っていて左の唇の内側を噛む。ここら辺から症状は始まっていたのかもしれない。

十時頃帰宅、くつろいでいた時に、嫁から左の眉毛がさがってると指摘される。
自分でも鏡をみてみる。

確かに左眉の位置がかなり下がってる。

実は、この一週間前ほどから、手足に正座の後の足のピリピリ感を感じることがあって、それも含めてグーグル先生に聞いてみる。

「顔面麻痺」「手足のしびれ」で検索すると、脳の異常やらビタミン不足やら糖尿病やら怖い結果がバンバンでてくる。こりゃ早めに病院行かなきゃなと、思ったものの、土曜日の夜。命の危険がありそうな感じでもなく、近場の日曜診療してくれてる脳神経外科を検索。市内で1軒だけ該当。


とりあえず、日曜朝イチで出掛ける事にして就寝。

12/27、診療開始時間に合わせて出発。現地に着いたんだけど、病院が開いてない。ネットの診療時間の情報は古いらしい。診療時間変わってるのに更新してなかったのね。とはいえ、他にあてもないので帰宅。月曜朝イチで地元の歩いて十分ぐらいの所に行くことにして、その日は本をゆったり読んですごす。

なんだか目がしょぼしょぼする気がする。左目が乾いているのかも。

月曜朝イチ、目星をつけてた病院へ。
受付で顔面麻痺で来ました。と行った途端、奥に案内され、先生が一瞥して即「専門でやってるとこありますから紹介状書きますね。」と言われる。ここに来て、結構ヤバイのか?と思い始める。

紹介状書いてもらうのに二十分ほど待って直ぐに紹介された病院へ。ものすごく大きな総合病院。

耳鼻科に案内される。あれ?脳神経外科じゃないの?
採血やら採尿が終って待ちに待つ。着いたのか十時で診察を受けたのが一時ぐらい。

診療時間が遅くなりそうなのを聞いて、嫁、娘が来てくれた。心強い。


診察の結果は顔面麻痺。細菌が顔面の神経を炎症させて麻痺させるとか。

治療法は、ステロイドの大量投与で炎症を沈めていくので10日間入院して欲しい。と。あとこれ、治療が遅れると後遺症が残る可能性もあるとか。

まあ、しょうがないかーと思い、いつからですかね?と聞いてみると、「行けそうなら今日から。今から部屋探します。」とのこと。入院前に質の悪い感染症持ってないか検査を受ける合間にサンドイッチとコーヒーをかっこんだ。

検査結果良好で、入院決定。流石に何も用意してないので、一度家に荷物を取りに帰らせてもらう。

着替え、生活用品、携帯、ゲーム機、キンドルあたりを、詰め込んで一人で病院に戻る。


病室は6人部屋、そのうち4人が埋まってる状態。
奥の方に居るおっちゃん、大阪のおっちゃんの普通のテンションでしゃべってる。
病室なのに。声大きいなあ。
荷物を片付けて、一息ついたところで、点滴。一時間ぼーっとせねばならぬ。サンドイッチしか食べてないので腹が減ってるなーと思っていて、そろそろ晩ご飯が運ばれてくるぐらいの時間に、診療室によびだされた。

一回診察受けてるのに何事か。とりあえず、診察室前へ。通常の診療時間は終了してるので、ロビーは暗い。扉を開けて呼びかけたら、外に掛けてお待ちくださいと返事。

待つこと三十分ぐらい後、診察を受けてた人が居たらしく出ていく。何故か涙を拭ってる様に見えたが何事?超腹減った。

ようやく中に招き入れられる。そこに居たのは、昼間見てくれた方とは違う先生で、話を聞いてると、顔面麻痺のみで三千とかの症例をみている顔面麻痺の権威の先生らしい。

いろいろこれまでの経緯を話しつつ、顔の麻痺具合を見ている時に「顔、ピクピクしてます?」と聞かれる。

土曜日の朝のバス内での話やら、手足のビリビリ感も合わせて話す。

先生曰く「顔面麻痺で麻痺しているところが勝手に動くのは見たことがない、神経の方も疑ったほうがいいかもしれない。」

脳神経の先生に即電話してくれ、可能性を探ってくれる。ギランバレー症候群というワードがでてくる。実は自分でも検索した時に出てきた言葉なんだけど、内容怖すぎて、これは違うよね。と勝手に否定してた可能性だった。

とりあえず、明日脳神経外科の先生に見てもらうという事になり、ウイルス性の顔面麻痺だった場合、手遅れになるので、ステロイドの投薬は、続けるという事に。


病室に戻ってきたら既に8時近く。冷え切った飯、病状への不安やらで喉を通らないけど無理矢理完食。メニューは、大根と人参のスライスとハムを混ぜたのと、さかなの練り物の団子と白菜を煮物。味うすい。自分の名前が書いてある上半分が破られてる紙が付いてる。給食の半券?

薬は大きめのカプセルが二つ(ウイルスを殺す奴らしい)と胃薬(ステロイドで胃がやられるらしい。)毎日、朝昼晩食後にカプセル二つ、朝晩に胃薬を飲めと申し渡される。



後は顔の動かない方をあっためて血行をよくする為のマッサージをする為に、レンジで暖める温パックが貸し出される。どこをマッサージするかもマニュアルを貰った。食後にマッサージする。テレビはあるもの、テレビカード(15時間1000円らしい)を買ってこないと見れ無い。無言でマニュアルを見ながらマッサージするけど…結構ツライ。


それと、まぶたの閉じが悪いって事で、軟膏を目の淵に塗って、瞳をカバーした後ガーゼをテープで顔に貼って保護。眼帯初デビューだ。


いつもは0時越えせず寝るなって事は考えられもしないんだけど、22時消灯で、眼帯はっつけて片目で何をするんだって話、しょうがないので寝る用意して、布団に入ったものの、寝付けない。

間もなくものすごいイビキが聞こえてくる。…三方向から。寝れるかい!

うとうとしてたら、夜中に歌声が聞こえてくる。…これ寝言…?

地獄かここは



続く。        

2015-12-29 [J] 入院日記02

 ←前回


 イビキ地獄の中でも、いつの間にかなんとなく寝れたらしく、ウトウトしてたら朝おっさん達の話し声で起きる。

時計みたら六時。おいおい。

二度寝を試みるも、「飯まだかな!腹減った!」とか普通に話すテンションで話し続けるおっさん達に屈する。


朝飯はロールパン2個、カボチャサラダゆでたまご、カットリンゴ。やっぱり不安で食欲ない。

左の頬のあたりの筋肉がうまく動いてないらしく、いつものように食い物を口にいれて咀嚼してると、口の頬と歯の間の下の部分にどんどんもぐりこんで行く

不快。

いつも通り食べてもぐりこんでくるのも嫌なんで、少しずつゆっくり右の方で噛むような食べ方にする。

食べ終わって気付いた。…あれ?献立が付いてる。昨日の晩ご飯は自分の名前が書いてある上から破れててメニューがわかんなかったんだけど。

同室の人達にちょいと不信感を抱く。




朝、神経科の先生が来てくれる。眼鏡才女な感じの人。いろいろ経緯を確認、筋力や顔の麻痺具合を確認後、筋力が落ちてないので、ギランバレー症候群としても軽度なので経過観察かなあ。という診断してもらい、先生は去っていった。

まあ、そういうことなら大丈夫なのかなあ。と、朝の点滴を待っていると、先程の先生が他の先生を六人ぐらい引き連れてまた、訪ねて来られる。


何この医師団




何事?と思っていると、先生から、明日から病院が本格的な年末年始のお休みに入ってしまうので、今日中にハッキリ出来る所はハッキリさせておきたい。急だけど、追加で検査をしたい。とのこと。

戸惑うものの、してもらったほうが自分も安心できそうな急がしたので、お願いする。


検査項目は、髄液検査と、MRI筋電図との事。

自分でネットでギランバレーを調べた時、髄液検査筋電図メチャクチャ痛いと書いてあったので一瞬怯む。

まあでも、そんな事言ってる場合じゃないので、恐る恐る「痛いって聞いたんですけど…」と聞くと「麻酔するから大丈夫だと思いますよ?」との事。



ナースステーションの横の処置室に招き入れられ、処置台の上に乗る横になって膝を抱えた姿勢(体育座りで横になったような?)になって背中をめくられる。

麻酔をかけてもらって、感覚なくなった所でがつっと髄液を採られる。結構ゆっくりなペース。ちょっと怖くて「髄液って何色なんですか?」と思わず聞く。

「無色透明ですね。」「ああ、そうなんですか。」

ほとんど痛みを感じることなく終了。

30分ほど安静にしておかないといかん、という話でついでに午前中の点滴もそこですることに。

昼休み始まったナースステーションの横の処置室で!

超腹減った…。あれ?そしてこの後すぐに筋電図って言ってたっけ?昼飯いつになるんだろう。昨日からこんなのばっかりだ。

点滴終ったあたりで、筋電図はご飯食べてからでいいです。と神経科の先生が言いに来てくれた。よかった。



昼飯は五目チャーハン豆腐サラダコンソメスープ。

時間ズレたにも関わらず、ホカホカ。暖めてくれたのかな?美味しかった。


昼飯後すぐに筋電図。神経内科に呼び出される。

筋肉に電気を通して、反応がどれくらいあるかを調べる、みたいな事らしく、電気が通りやすい所を微弱な電気を通しつつ探し当てたあと、結構がっつり強めの電気を通す。みたいな事をやったみたい。バチバチガッツン。結構痛い。


背中に注射器さされるのは怖かったけど痛くは無かった。こっちはがっつり痛い。ガマン出来ないほどじゃないけど。

結果はちょっと気になるところはあるけど、大丈夫そう。みたいな感じで告げられた。


病室に帰ってきてしばらくすると、風呂の順番が回ってきてるけど、どうするか?と聞かれる。そりゃ入りたいけど、MRIあるって聞いてるんですが?と聞くと、MRIは詰まってて時間かかるから遅いと思いますよー。といわれたので風呂に入る。


風呂は、風呂といいつつ湯船は無し、シャワーのみ。同じ階にシャワー室があって、順番に個別で入る。持ち時間15分。


バスタオルを持って無かった(この日風呂だって聞いてたんで嫁に今日もってきてもらう予定だった)んで「バスタオルの手持ちが…」と言うと「ナイショで今日は貸し出します」と言ってもらえたんで即風呂に入る。あったかいお湯…生き返る…。


風呂から帰ってきてしばらくすると、MRIに呼ばれる。



MRIは地下階だった。

金属部品は身につけてるとイカンらしく、眼鏡駄目、指輪だめ、ヒートテック駄目。

ヒートテックは身につけて無かったけど、いろいろ怖くなって、「いっそ全部脱ぎますか」と聞くと、「じゃあそうしましょう。」との事に。

まっぱになって患者服?みたいなのに着替えて、MRI室に入る前にまた「エレキバンとかカイロとか大丈夫ですか?」と聞かれたんでまた怖くなる。マッパだけど、さっき髄液検査の後に貼ってもらった傷テープ?みたいなのは背中に貼ってあるよ!

言葉が思いつかず、患者服めくって「これ大丈夫です?」と聞く。

「大丈夫ですよー」という答えが返ってくる。

よかった。と思った次の瞬間、私マッパやんか。と。尻ベローンですよ。恥ずかしい。

全部終ったのが三時半。四時に嫁娘が見舞いに。検査大変だったわーとかロビーでしゃべっていると、5時ぐらいに全館呼び出しで、ナースステーションに連絡くれと名指しで放送が入る。


慌てて戻ろうとすると、ばったり主治医の先生と会う。ちょうどよかった、今呼び出したトコなんですよ。直接こっちに来てください。といわれる。

検査結果が出たらしい。それに基づいて神経科の先生から所見、MRIの結果は脳の方には異常がない。髄液検査の結果、ギランバレー症候群の患者に見られる数値の異常は見られる

ギランバレー症候群と断定は出来ないが、可能性はある。

ただ、劇症に見られる筋力の低下もないし、顔面麻痺の症状も昨日からそれほど悪化してないので、悲観的に考えなくてもいいだろう。とのこと。

ここまでしっかりと調べてもらって、本当助かった。ちょっと安心した。

病室に戻る頃にはもう夕飯。
晩飯は豚肉の生姜焼き、ほうれん草のお浸し、白菜の煮物。うめえ。なんか入院して初めてメシをゆっくり食べれた気がする。


そして、恐怖の就寝時間。程なくやっぱりすごいイビキが響いてくる。

ふと思いつき、持ち込んだ3dsのイヤホンを携帯に接続、携帯に入れといた水樹奈々様の曲を聞きつつ寝る。なんとなく、前日より寝れたような気がする。

続く。        

2015-12-30 [J] 入院日記03

 ←前回


朝、前日と同じくおっさん達の話し声で起きるものの、イヤホン効果で二度寝は成功。

ちょっと耳が痛い。元々あんまりイヤホン得意じゃないんだよなー



朝飯は、ロールパン2個、ブルーベリージャム、野菜サラダ、チーズ、パイナップル、牛乳。うめえ。

この頃になるとやっと慣れてきて、メシを食う前に薬を飲む為のお茶を注ぎにいったりするようになった。(注ぎたては熱くて薬が飲み難いんだ。)

メシを食った後は顔のマッサージ。無言でやるのツライ。テレビカード買おうか。



そう、テレビカード。相部屋はテレビを見るのにカードがいる。旅館であるようなアレ。カードを差し込むとテレビが動くようになる。

ちなみに15時間1000円。良心的な値段…ってこの時は思ってた気がする。



午前中の点滴をすませた後、耳鼻科の診察。特に良くも悪くもなってないらしい。

昼飯は煮込みハンバーグ、酢の物、ポテトサラダ。酢の物がやたらうまく感じる。

でも味の濃いものが食べたいなあ。

やっとこさゆっくり出来る感じになってきたので持ち込んだキンドルで買ったまま読んで無かった漫画読む。

新米姉妹のふたりごはん面白かったです。




夕方に嫁が来てくれる。イビキがひどいと愚痴ったら耳栓買ってきてくれた。 出来た嫁だ。娘は今日は来る気が起こらなかったらしく留守番らしい。

ちょっと遅れて親父殿も合流。12/30から、病院の外来が無くなったらしく、入院者の見舞い以外の客が居ない。

静まったロビーの飲食コーナーで院内のコンビニで買ったコーヒーを飲みながら駄弁る。コーヒー旨いなあ。から揚げくんとか父が買ってきてくれてる。ひさしぶりにジャンクなもの食べた。

親父は、病院に来る前に電話で何か食べたいものはないか?ってきいてきたんだけど、相部屋で匂いがするものは食えない(同室に糖尿患者居るんだ。悪すぎる。)し、新聞買ってきてもらった。読売、日経、ついでに文芸春秋。よむとこ多いなコレ!


親父が帰るタイミングで病室を覗きに来る。同室の人に挨拶したいっていうのをなんとか留める。どうせみんなそんな長く居ないよ!




晩飯は、鯖の味噌煮、高野と野菜の卵とじ、ブロッコリーのツナサラダ。うまい。



明日大晦日だし、マクロスデルタの特番とか紅白とかもちょっと見たいなーって事でテレビカードをとうとう購入。

テレビは6人部屋なのでスピーカーがイヤホンジャックに直結されてる。イヤホンも要るなー。って事で、1Fロビーのコンビニに買いにいく。



とりあえず、BS11が映る事を確認。あ、見れる。今日ってたしかガルパンの特番もあったなあ…深夜2時?そりゃ無理だわ。


就寝時間になったので閉じない目をカバーする為、薬を塗って眼帯着用。枕元に灯りはあるし消灯時間後もつけてもいいらしいんだけど、片目がふさがってるから本を読むのもままならないので、諦めて寝ようとする。


耳栓も着用するが、目を閉じても、ストレスからか、胸の上に何か乗っかってる感じで寝られない。そうしている間に、すごく悪化したらどうしようとか、明日の朝生きてるかな?とかいらんことばっかり考える。ステロイドの副作用に、多幸感と鬱みたいな事書いてあったけど、あれか?


せっかく、耳栓でイビキからは開放されているのに。

クヨクヨしてる間になんとなく寝れたようで、割と次の朝はすっきりしていた。起きたきっかけは、おっさん達の声だったけど。


続く。

       

2015-12-31 [J] 入院日記04

 ←前回

大晦日。まさか年末年始を入院で迎えるとはなあ。



朝飯はロールパン2個、イチゴジャム大豆サラダ、カットオレンジ、牛乳。

大豆サラダがやたらうまく感じる。

牛乳はストローで飲んでるんだけど、飲み難く感じる。ストローがちゃんと吸えない感じ。



やっとこさテレビカードを買ったので、朝ごはんはテレビを見ながら。

年末の準備をやってたり、今年を振り返る番組を見る。



朝の耳鼻科の診療、唇の様子が昨日より悪化してると指摘をうけ、ちょっとへこむ。顔面麻痺は10日間ぐらいは悪化するもんらしい。

とはいえ、物凄い悪くなってるわけではないらしい。


少しして、例のメガネ才女な神経科の先生も来てくれて筋力を測ってくれる。

悪化はしてないみたい。




午前の点滴を受ける。そろそろ針を指すところが難しくなってきたっぽい?

採血やら、点滴でそろそろ針の跡がひどい事になってきてる。


ええと4日目だから、あと6日か。大丈夫かな。



実は入院時、点滴用の管を指しっぱなしにするか、そのたびに注射するか選んでくれって言われてて、挿しっぱなしは怖いなーと思ったんで、その度に挿してもらう方にしたんですよね。

挿しっぱなしだと、点滴受けながら歩いたり、トイレ行ったりも出来るらしい。看護婦さんも指しっぱなしの方が楽みたい。(毎回血管探さなくていいもんね。)

その度に挿してもらう方式だと、外出とかがしやすいらしいので、外出するつもりならそっちを選択するといいらしいです。私は結局外出せんかったけど。



昼飯は八宝菜ともやしの酢の物、シュウマイ。


酢の物がうめえ。


昼飯後、ちょくちょく書いてた入院日記を書きすすめる。まだ一日目なんだ。

スマホで文章をエバーノートに書き記して行ってるんだけど、フリック入力だと速度上がらないんだよな。

アンドロイド用のキーボードあったよなあ。あれをアマゾンで注文して…すると2日ぐらいには届くかなあ。それを嫁に届けてもらえば…



テレビを見ながらテキストを書いたりFate/goのストミ進めたりしてると、嫁、娘が来てくれたのでロビーでいろいろ話す。

キーボードの話を嫁にしたら「それ何日使うの?退院しても使うの?」と聞かれて、廃案とする。そりゃそうだわなー。退院したら多分使わない。そしてまた入院する事も無い気がする。(無いようにしたい。)


病名(ギランバレー)の話やら、ステロイド剤の副作用の話(躁鬱作用がある)みたいな話をしていると娘が「きらんばれーって何?」と聞いてくる。

こういう病気やでーと説明したら「びっくりした。きらーん!バレー!かと思った。」→


娘は癒し。



ひとしきり喋ったあと、ちょっと寒気と頭痛をうっすら感じる。やべえ。


ちょっと寒気が続いてたので、フリースを着て、布団にもぐりこんでひと寝入りする。

晩飯の頃には寒気が取れてて、ほっとする。


晩ご飯は、鮭の幽庵焼き、野菜の煮物、小松菜の練り胡麻和え。

食い終わってマクロスデルタ特番を見る。BS映ってよかったー。


こんどのマクロスは変身バンクあるのなあ…(笑)



晩御飯終ってからは、紅白みながら、入院日記書きすすめる。

今日ぐらい夜更かしも良かろうと、アニメ紅白、μ's、ラスボス、オルフェンズ、見たいもの見て、寝る。


今日も寝付けないけど、なんとなく慣れっこになってきてる。息苦しい感じを、なだめすかして就寝。


続く。